今夜は雨。スタジオのレジデント、通いの猫ポーちゃんが、戸口から雨を眺めています。ポーちゃんはおじさんで、数年前に左手の先を失ってしまったようでした。その時はまだ付き合いがなく、Bryantが前足が血だらけになっているポーちゃんを時折り見かけ、捕まえて治療をしてあげないと、と言い続けていましたが、私はその時のポーちゃんを見ることはありませんでした。ポーちゃんが食事に来るようになったのは1年半ほど前からで、傷を負い、克服し、どう見ても百戦錬磨な感じのでっかいポーちゃんが、こんなに心を許してくれるようになるとは思ってもみませんでした。手の先を失っても、いざとなるとダッシュもするし、塀の上にも跳び上がれるポーちゃんは、ほんとうにたくましいのです。

スタジオ内の天井はどこもかしこもBryantの作品で覆われています。Bryantが使う様々な色に埋め尽くされた天井の下に初めて足を踏み入れた人は、間違いなく「わぁ、すごっ!」と言う言葉が口から漏れます。色と、ありとあらゆる物たちに、視覚と感覚が圧倒されるからでしょう。どこを見ても、同じ景色がないのです。まず何処に焦点を当てればよいのか、目移りどころか、目が泳いでしまうのです。どこもかしこも、何かが重なり合い、ひと目見ただけでは、全貌が分からない、そんな感覚になるのです。ある種のショック状態です。でも、そのショックから立ち直り、何が起きているのか見てみよう、と観察を始めると、どんどん発見があります。全てが幾重にも重なりあっていることに気づきます。パウル・クレーの絵のようだな、と私はいつも思います。色やら何やらが何層にも重なり、ただ表面を見ているのではなく、私たちはその重なり合いからしか生まれることのない、特別な効果を見ているのだ、と思わされるのです。Bryantの絵は勿論、音楽も、創作物も、彼を取り巻く環境も、様々な層が醸しだす効果なのです。
REVEREND MESHELL NDEGEOCELLO FELLOWSHIP BASSが到着しました。MESHELL NDEGEOCELLOと言えば、Bryantが彼女のツアーに加わっていたことをご存じの方もいらっしゃるかも知れません。REVEREND GuitarsはBryantの地元、Detroitでスタートしたメーカーですが、今回、このベースが届くに際しては、ベルリンにあるPLEK社で弦高がBryantの希望に合わせて調整されて来ました。ヘッドストックがひっくり返っているのも格好良い。ベースが何本あっも、新しいものが届くのはほんとうに嬉しいようです。演奏が楽しみです。
Bryantは様々な作品を創り出していますが、圧倒的に多いのは絵、その次が立体作品です。左側の作品は、90cmx90cmの板に描かれているので、額を含むと110cmx110cm程の大きさになります。絵具だけでなく、紙や布や色々なものが何層にも重なり、その表面がえぐられたり、削られたりして出来上がった作品は、絵と立体の中間の様な存在です。この額を選んだ時、額縁屋さんが、なかなかこの額のボリュームに合う絵を見ることがない、絵が額に負けてしまう、と言っていました。それは、絵の大きさだけのことではなく、内容と、質感と、そこに込められた思いの全ての総量なのだろうと思います。右側の立体作品も、多くの素材から創られています。創作の過程で土に埋められてもいました。ガラスや鏡や刃物や、見ても見ても見尽くすことができない作品です。それは、この二つの作品に限ったことではなく、Bryantの多くの作品に共通する特徴でもあります。パッと見ただけでは、何が起きているのか分からない、凝視せざるを得ない表現と色彩が、Bryantの作品の魅力になっているのです。
今朝、我が家のレジデント猫のココちゃんが、口に何かくわえてスタジオに入って来ました。口の両端から羽のようなものがはみ出していたので、でっかい蛾でも捕まえて来たのかな?と思いよく見ると、鳥のようではありませんか!?食べさせるわけにはいかない、とココちゃんの背中を叩いても全く口を開けないので、持ち上げて左右に振ると、口からポロッと落ちたのはスズメのヒナでした。しかも生きている!巣から落ちたのをたまたまココちゃんが見つけ、持ち帰って来た様子。助けなければ!とすぐブライアントを呼びました。私は犬と猫はお産から助けられますが、野鳥のヒナのことはイマイチよく分かりません。が、ブライアントは野鳥の飼育も経験があるので、ほんとうに助かります。とりあえずキャットフードをふやかしてシリンジで与えてみたところ、食べる!でも、シリンジにフードが詰まってしまい、それを押し出すと凄い勢いで飛び出しまい、ヒナをフードまみれにしてしまうので、ホームセンターにひな鳥用のパウダーフードを買いに行き、それを与え始めました。ブライアントは、今日と明日持ちこたえれば大丈夫、というので、頑張ります!お盆ですから、色々な命が行き交います。
ガンダムをよく見ていました。私はシャアが好きで、今でも格好いいと思っています。なので、たまたまコンビニエンスストアでこのチョコレートを見つけた時も、すぐに買いました。箱のシャアのイラストがよくて買いましたが、フタを開けてびっくり!まさか、こんなチョコレートが入っているとは思ってもみなかったので、歓喜の叫び声をあげました。永久保存したいくらいです。主人公はアムロなわけですし、ガンダムそのものの人気も不動ですが、それでもシャアには何とも言えない魅力があります。また見てみようかな。いやぁ、ほんとうにカッコイイ。シャア・アズナブル。
安全地帯の音楽を聞き続けて36年になります。安全地帯がメジャーデビューしてから今年で39年ですから、結構初期からのお付き合いと自負しております。私がいちばん最初に入ったファンクラブはBIG JOKEてしたが、その後何回か変遷があり、現在の公式ファンクラブはCherry https://saltmoderate.com/about/ですね。玉置さんは日本で一番歌が上手い歌手、とよく言われますが、そんなの昔からそうじゃん、なんて私は思ってしまいます。ライブでその歌声を聴くとよく分かりますが、玉置さんの歌声が楽器の音色のようです。とにかく心地良い。思い出しただけでうっとりしてしまいます。これからもずーっと歌っていて欲しいです。そしてやはり、安全地帯がカッコイイなぁ。80年代、The BEST HIT(学習研究社)という音楽雑誌がありました。安全地帯もよく表札を飾っていました。それらの切り抜きは今でも私の宝物です。そして、ファンクラブ会報に投稿したイラストも多数あります。どれもこれも、見ているだけで嬉しくなります。ファンとはそういうものですね。
作品をご購入いただきました。昨秋から描き始めたシリーズの中の1点です。25cm×45cmの板に描いたものです。板は、フレームがなくともそのまま飾りやすいので、手軽さが気に入っています。人形は目がとても大きかったりしますが、そのイメージで描いています。目が大きいと、瞳の中にも書き込むことができるので、楽しいわけです。少女漫画のイラストを描いていた時も、瞳のデザインに凝ったものでした。キラッキラで。現実的かは別として、絵だからこそ、そんな自由さが楽しめるのだと思います。

高校生くらいまでは、四六時中コミックのイラストを描いていました。ケント紙にペン入れし、色を付け…。その後は、コミックの容量で描くことはなくなっていましたが、6月に、突然またペンを持ちました。きっかけはもちろんコミックです。厳密に言うと、コミック原作のドラマを見て、原作も読んで、あぁ、コミックってやっぱり素晴らしいよね〜、と自分でも描きたくなったわけです。このところシリーズで描いている女の子の人形の絵を、コミック風に描きました。まだ、全然仕上がりに満足していないので、これから磨きをかけます!
これもそうです。コミックスタイル。大きさはどちらのイラストもほぼA3サイズです。このイラストの部屋は「夢かわ」を目指しました。
今日はハガキにイラストを描きました。ハガキサイズなので、気楽なスケッチにペンを入れて色を付け、さっと仕上がりました。髪の毛の色が気に入っています。新しく購入したカラーマーカーのクセが、少しずつ掴めてきました。たくさん使ってお近づきになっていくのも、大切なプロセスです。もっと極めていきたいなぁ。
このところ、インクとカラーマーカーで描くことがほんとうに楽しく、イラストアイディア用のハガキサイズのスケッチブックも、マーカー彩色が続いております。100円ショップのアルコールマーカーもバカにならず、気軽に練習できます。もちろん色数は限られているので、本格的なセットには及びませんが、画材購入の前のお試しには持ってこいです。